スピロテロール(クレンブテロール)通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 2,466円 無料
メデマート 2,780円 1,000円
ベストケンコー 2,980円 無料
あんしん通販マート 3,020円 700円
薬の通販オンライン 3,300円 700円
アスケイン 3,680円 500円
ガルショップ 4,980円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でスピロテロールを購入するのが一番お得!

スピロテロール(クレンブテロール)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1本90錠入りを2,500円ほどで購入できます。1錠あたり27円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、スピロテロールの商品代金以外の支払いは不要です。

スピロテロールについて、オオサカ堂には500件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので安心してお買い求めください。

スピロテロールをオオサカ堂で格安購入する

スピロテロールの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

減量目的でスピロテロールを購入しました。2ヶ月ほど使用して3kgのダイエットに成功。運動は軽いウォーキングだけなので、やはり代謝が改善されたのが大きいのだと思います。あと2kg痩せたいのでリピートする予定です。

2chユーザー

ダイエット停滞期というか冬なのか分からないが、運動不足と過食が続いたため体重がやや増加ぎみに。スピロテロールを使いはじめて徐々に効果がではじめ、体重が1.7kg減りました。体への負担は特に感じないので使いやすいですね。

2chユーザー

スピロテロールは以前服用したことがあります。 服用量を調整すると、確かに結果を出すことができますので、今回もステロイド休止期に使用する予定です。手軽に脂肪を落とせるため便利なアイテム。

2chユーザー

初めて使用しました。喉の筋肉を弛緩させることを目的に購入しました。スピロテロールのおかげか、少し呼吸がしやすいように感じます。少しだけ眠気を少し感じます。

2chユーザー

2週間使用して3キロほど落ち、90キロから87キロになりました。スピロテロールの使用中は時々手足が釣ることがあります。食事と運動の併用で、さらなる効果が期待できると思います。

2chユーザー

ダイエット時はいつも使用しています。ジェネリックなので値段がめちゃ安くてお買い得。効果も抜群です!体が熱くなって心拍数が上がり、汗まみれになります。脂肪燃焼が加速し、1ヶ月もあれば十分な結果がでます。

Twitterユーザー

減量のためにスピロテロール(クレンブテロール)を購入しました。自分の場合、副作用は感じていません。食事に気をつけてこれを飲んでれば、運動せずとも数キロは楽に痩せれますよ。なくなったらまたリピートします。

Twitterユーザー

脂肪燃焼の目的のために使用しています。薬に耐性が付くと聞いたので、10日間使用した後、10日間の休息を念の為とっています。ハードな食事制限と運動はしてないので劇的な効果はありませんが、体脂肪率が3ヶ月程度で3%低下しました。楽して痩せたい人におすすめのアイテム。

Twitterユーザー

2週間飲んで1週間停止し、2週間ごとのサイクルで飲んでいます。体重自体はさほど変わっていませんが、これはアナボリックステロイドとスタック(併用)して使用しているからだと思います。体脂肪率は減少しているので、やはり効き目は抜群なのだと思います。

Twitterユーザー

今日で9日目ですが、最初の週は体重が減ったものの体脂肪はあまり変わらず、一週間経った頃から少し体重が増えたが、今度は体脂肪が減ってきました。食事制限は多少していますが、特別な運動をせずとも筋肉量が増加しているため、確実に効果があるんだと感じています。息苦しさも5日目あたりから慣れました。買ってよかったです。

Twitterユーザー

現在身長170、体重63くらいです。食事制限と運動もしていますが、1サイクル目の14日目で体重は2.2キロほど落ちました。他の人と比較すると大幅に減ってないかもしれませんが、腹筋割れがハッキリ見えるようになったり、足が細くなっていて、見た目の変化は確かに感じられます。

もっと参考になるスピロテロールの口コミはこちら

スピロテロールの有効成分「クレンブテロール」とは?

クレンブテロールが1970年代に開発されたことをご存知かもしれません。もともとは馬などの喘息の症状を緩和するための治療法でした。

化学的に言えば、それは本質的にうっ血除去薬および気管支拡張薬として知られているものとして機能する。つまり、気道を弛緩させるために中枢神経系に影響を与え、血圧を下げるために血液を薄くします。これにより血液中の酸素量が増加するのです。

技術的問題はさておき、これはノルアドレナリンとエピネフリンの両方のレベルが吸入または摂取後に増加することを意味します。これが新陳代謝を高めてくれます。

フィットネス愛好家やボディビルダーがこの有用な副作用に気づくのに時間はかかりませんでした。実際、クレンブテロールは現在市販されている中で最も人気のある熱生成化学サプリメントです。

なぜクレンブテロールがダイエットに使われるの?

この物質はあなたの代謝率を高めます。したがって、あなたはより効率的にカロリーを燃やすことができるでしょう。

カロリーが残っていないと仮定すると、体はそのエネルギー要求を満たすために脂肪を利用し始めます。ほとんどのユーザーはすでにこのメカニズムを知っています。しかしながら、切断サイクル中にクレンが特に有効であることを可能にした別の要因があります。

多くのボディビルダーは、クレンブテロールがタンパク質合成にも貢献していると聞いて満足するでしょう。ダイエットはしばしばあなたの筋肉量に悪影響を及ぼすので、これは重要です。それは部分的にこのプロセスを逆にするでしょう。これにより、ユーザーは彼らが得た筋肉量か体力を犠牲にすることなく体脂肪を取り除くことができます。

しかし、それは運動能力を高める働きがあるため、世界アンチドーピング機関によって禁止薬物に分類されています。

米国の研究センターの研究によると、クレンブテロールを服用しているユーザーの13人のうち11人が体重減少またはボディービルの目的でそれを取っていたことが分かっています。

スピロテロール(クレンブテロール)の効果はどれくらい?

この問題はまだ多くの分野で議論されています。

いくつかの研究と臨床試験は、クレンブテロールが心拍数を増加させ、基礎代謝量(BMR)を最大10パーセントまで増加させることができることを示しました。

このようなレベルの増加は自然に余分な脂肪を燃やすのに役立つので、これはかなり印象的です。これを言って、その有効性はしばしば人によって異なります。

あなたがすでに高代謝を持っているなら、そのような後押しはあなたのトレーニング計画への歓迎された追加であるかもしれません。あなたが自然に遅い新陳代謝を持っているならば、10パーセントの変化さえすぐに目に見えないかもしれません。

アナボリックステロイドとは違う?

スピロテロール(クレンブテロール)はステロイドではありません脂肪燃焼剤および気管支拡張剤です。つまり、クレンブテロールはテストステロン生産にほとんど影響を及ぼさないでしょう。

スピロテロール(クレンブテロール)の副作用と危険性

クレンブテロールは、その副作用のために多くの国で禁止されています。どんな種類の化学サプリメントでも健康への悪影響があります。まれですが、以下にリストされている症状のうち1つ以上を経験する可能性がある場合があります。

  • 発汗増加
  • 不安
  • 動悸
  • 不安
  • 体温上昇

我々はまた、この化学物質がドーパミン(気持ちいいホルモン)として知られる物質を放出することを指摘しておくべきです。したがって、長期間の使用はわずかな中毒になる可能性があります。これがサイクリングが最も慎重な選択肢であるもう一つの理由です。

この物質を服用するときに心臓の問題は珍しくありません。そのような動悸、不規則な心拍、心房細動、そして血圧の問題などの問題はほんの数例です。心拍数の増加による拡張は、心臓が異常に成長するときである心臓肥大を引き起こす可能性があります。これは心臓発作やおそらく死を引き起こす可能性があります。

クレンブテロールは、体内で自然に発生するカリウムのレベルを下げることが知られています。そのため、多くのユーザーは、体が適度なレベルになるように、通常よりも多くのバナナを食べるようになります。

クレンブテロールの飲み方・使用方法

年齢、体重、健康状態など、特定の要因を考慮する必要があります。根本的な問題がないと仮定して、ほとんどの科学者は1日0.02から0.04mgの服用を推奨しています。

ユーザーは最低の適量を取り始め、効果を注意します。その後、必要に応じてレベルを少し上げることができます。

一酸化窒素のようなスロイドのように、通常周期で使用されます。違いは、サイクル自体の持続時間がはるかに短いことです。これもまた、あなたのスケジュールとあなたのトレーニング計画に基づいています。多くのアスリートはさらに2週間の期間毎日服用しています。

使ってはいけない人

過去に軽度の興奮剤に対して有害な反応を経験したことがある場合は、スピロテロール(クレンブテロール)を避けることをお勧めします。

気分のむらに苦しんでいる人やパニック発作を起こしやすい人も問題が発生する可能性があります。もちろん、妊娠中または授乳中の女性は絶対にスピロテロールを使用しないでください。

他のサプリメントと組み合わせて使用​​できる?

クレンブテロールは、他のフィットネスサプリメントを組み合わせることに関して禁忌がほとんどないということです。それは、一般的なタンパク質飲料や一酸化窒素などの血管拡張薬と一緒に使用されることがよくあります。

ただし、この物質を他の脂肪燃焼剤と組み合わせることは危険な場合があることに留意してください。カフェイン、高麗人参、コーラナッツ、ガラナ(多くの市販のカッティング剤に含まれていることが多い)などの物質を避けたほうが無難です。

効果がでるまでどのくらい時間が必要?

この質問に対する答えはあなたのトレーニング習慣そしてあなたの食事療法に左右されるでしょう。

あなたがカロリーを控え、十分な休息を取っていると仮定すると、あなたは2〜4週間以内に成果がでることに気づくでしょう。そりより前に代謝がよくなったのをずっと早く感じるでしょう。

スピロテロール(クレンブテロール)はあなたにより多くのエネルギーを提供するので、あなたのトレーニングセッションがより激しくなる可能性が高いです。

ダイエット補助の有効な手段

今日市場には多くの脂肪燃焼サプリメントがあり、スピロテロール(クレンブテロール)は確かに最も効果的なオプションの一つです。あなたが理想とする体型に近づくために、スピロテロールは大いに役立ってくれることでしょう。

参考文献

馬へのクレンブテロール投与後の骨格筋遺伝子の差次的発現

BMC Genomics. 2016 Aug 9;17:596.

クレンブテロールはβ2アドレナリン受容体作動薬であり、馬の呼吸器疾患の治療に用いられる。しかし、その作用機序のために、クレンブテロールはウマにおいても再分配作用を有し、そのような能力は能力に影響する可能性があることが示唆されている。クレンブテロールは、ウマにおける激しい運動と組み合わせた高用量投与後に、パーセント脂肪を減少させ、除脂肪体重を増加させる。

本研究では、マイクロアレイ解析およびリアルタイムPCRを用いて、いくつかの骨格筋ミオシン重鎖、脂質代謝に関与する遺伝子およびβ2‐アドレナリン受容体の差次的遺伝子発現に対する低用量および高用量の慢性クレンブテロール投与の時間的影響を検討した。異なる遺伝子発現に及ぼすクレンブテロール投与の影響は、馬では以前に報告されていないため、本研究の主な目的は、高用量および低用量のクレンブテロールの長期経口投与後の遺伝子発現におけるクレンブテロール誘発一時的変化を記述することであった。

実験の結果、高用量のクレンブテロールを長期投与すると、さまざまなミオシン重鎖、脂質代謝酵素およびβ2アドレナリン受容体をコードする転写産物に変化が認められた。

クレンブテロール投与後の豚肝臓における脂質代謝遺伝子の同定

Front Biosci (Elite Ed). 2012 Jun 1;4:2605-16.

クレンブテロールは、脂肪沈着を減少させ、管理可能な用量で骨格筋の成長を増加させることができる再分配剤(β2アドレナリン受容体作動薬)である。クレンブテロールの作用の分子機構をよりよく理解するために、GeneChipsおよびリアルタイムPCRを用いて、クレンブテロールの投与の有無におけるブタの肝臓組織の遺伝子発現プロファイルを比較した。

クレンブテロール処理および未処理ブタの肝組織の代謝作用および全体的な遺伝子発現プロファイルを調べた。機能強化試験は差次的に発現した遺伝子が糖蛋白質、細胞膜、脂肪酸及びアミノ酸代謝過程、及び細胞分化及びシグナル伝達群に豊富であることを示した。経路探索解析は、MAPK、細胞接着分子およびインシュリンシグナル伝達経路のような生理学的経路が、クレンブテロールを投与した場合に顕著に調節されることを明らかにした。遺伝子優先アルゴリズムを用いて、多くの重要な差次的に発現した遺伝子を、クレンブテロールに応答した脂質代謝と関連付けることができた。

本研究で特異的に発現していると同定された遺伝子は、脂肪および骨格筋組織に対するクレンブテロールの作用に関与する分子機構の更なる研究の候補である。

ラットの食餌制限中の成長と体組成に対するクレンブテロールの効果

J Anim Sci. 1996 Sep;74(9):2245-52.

代謝ケージに個別に収容し、110、160およびエネルギー維持の推定所要量の235%(不断に)を15日間給餌した雄Wistarラット(n=8)の三つの群に、クレンブテロールを食餌混合物(4mg/kg食餌)として投与した。

エネルギー摂取の各レベルの未処置群も含めた。任意投与群では摂餌量に対するクレンブテロールの影響はなかったが、エネルギー摂取の3つのレベル全てで体重、飼料効率、屠体重量、ドレッシングおよび蛋白質含量の有意な増加を生じた。クレンブテロールのこの効果は制限動物で特に顕著であった。クレンブテロールは自由摂取ラットで体組成(水分とタンパク質の割合の増加、脂肪の割合の減少)の変化を引き起こしたが、制限群では影響がなかった。

エネルギー制限に起因する内臓の成長の低下は、クレンブテロールにより影響されなかったが、110%制限群では、クレンブテロール処理ラットの胃腸管が26%重かった。その結果、クレンブテロールの成長同化作用は持続可能であり、自由に摂食させたラットよりも制限的に摂食させたラットでより顕著であることが示された。

クレンブテロールは蛋白同化ステロイドホルモンの代替品?

Med Sci Sports Exerc. 1995 Aug;27(8):1118-21.

クレンブテロールは,その蛋白同化作用と皮下脂肪の減少のために,多くのスポーツにおいてアスリートに用いられる最近人気の薬物である。海外で気管支拡張薬として処方されたβ2(ベータ2)作用薬であるが、本邦では承認されていない。それは米国オリンピック委員会の禁止物質リストに載っている。信頼の低下を避けるために,アスリートを治療する医師はクレンブテロールに関する正確な情報を必要とする。このような情報は日常的な医療環境では入手できない。

畜産学の文献をレビューすると、この薬物を気管支拡張に必要な量よりもはるかに大量に投与すると、確かに除脂肪量の沈着率が増加し、脂肪の増加が遅れることが明らかになっている。ヒトを対象とした試験は入手できない。動物試験は、実験室および屠殺場で実施された。長期的な心血管副作用の研究は行われていない。動物実験から、監視されていないヒトへの使用への外挿の割合は驚くべきものである。

このカテゴリーの薬物がヒトの除脂肪体重を維持するのであれば、合法的な医学的応用がある。有効性と安全性の試験が必要である。

クレンブテロールの骨格筋に対する同化作用はβ2アドレナリン受容体の活性化によって媒介される

Am J Physiol. 1992 Jul;263(1 Pt 1):E50-6.

β2アドレナリン受容体作動薬クレンブテロールの骨格筋に対する強力な蛋白同化作用は、βアドレナリン受容体に対する作用とは独立していることが報告されている。本研究では、食餌中のラット(4mg/kg)に与えたクレンブテロールは、腓腹筋量、蛋白質、およびRNA量の有意な増加と精巣上体脂肪パッド量の減少を引き起こした。

これらの作用は、高用量(52mg/kg食餌)でもβ2アドレナリン受容体作動薬サルブタモールの経口投与によって模倣されず、クレンブテロールの作用はDL‐プロプラノロール(200mg/kg食餌)の添加によって阻害されなかった。しかし、選択的β2拮抗薬ICI‐118、551(200mg/kg食餌)はクレンブテロールの同化作用を逆転させ、高用量のDL‐プロプラノロール(1、000mg/kg食餌)もクレンブテロールのこれらの作用を阻害した。さらに、ミニ浸透圧ポンプを介したサルブタモール(1.15 mg.kg体重/日-1日-1kg)の持続注入は、筋肉量、蛋白質およびRNA量の有意な増加を引き起こした。

これらの結果は、クレンブテロールの同化作用がβ2アドレナリン受容体との相互作用に依存することを示す。しかし、β2刺激薬の同化作用を誘導するには、作用持続時間が長いことが必要であると思われる。